「プール開き」

子どもたちの通う学校と保育園では
既にプール開きが行われた。
中学1年生の長女は小学校4年ぐらいまでスイミングに通っていた。
いたって普通に泳げるぐらいにはなったが、
いつの間にかスイミングに行かなくなったので泳ぎはソコソコ。

長男はプールというか水中が大好き。
自閉症という知的障害を伴う障害児なので一般の小学4年生
から比べると全然だが、
足がつかない深さでも喜々として泳いでいる(というか潜っている)。
障害児専用のスイミングスクールで週2回レッスンもしてる。

保育園に通う次男は
プールは好きだけど泳ぎは苦手みたい。
ついこの間まで水に顔をつけるのも大騒ぎだった。
泳げないくせにプールは楽しみなようだ。

子どもたちは早くも日焼けして黒くなってきた。
子どもはやっぱり元気が一番。真っ黒に日焼けして
遊びまわってよく食べよく寝ることが子どもにとっての
大事な仕事なんだと思う。

政治がよくいう理想の教育、理想の子どもって何だろう。
教育の在り方は重要だし、変えなきゃいけないこともある。
でも子どもは自分たちでアイデアを自然に出してすごいこと
いっぱいしてる。
そんな子どもたちの精一杯を応援できる政治と社会と地域を
作りたい。
実は
子どもを変えるより社会や大人が変わらなきゃいけないことの方が
いっぱいある。
コラム一覧
No.1「雨」  No.2「プール開き」  No.3「読書」