コロナウイルス感染防止のための緊急事態宣言が解除され、今後は引き続き手洗いうがいマスク着用の自助を徹底しながら、疲弊した経済を立て直すべく、飲食・旅行をはじめ日常活動経済活動を復興していくことも重要になっていきます。皆様におかれましては、コロナウイルスとの向き合い方を念頭にご活躍されますことを祈念申し上げます。
 
今、10月7日告示24日投票の参議院静岡県選挙区補欠選挙の真最中であります。自民党からは元御殿場市長の「若林ようへい」が立候補いたしました。また、その直後に実施予定の衆議院総選挙では、浜松市において小選挙区第8選挙区「塩谷立」第7選挙区「城内実」両代議士が立候補を予定しています。また、比例区においては東海ブロック3議席の獲得を目指した公明党の3名が立候補を予定しています。比例区では個人名ではなく政党名での投票となります。

「自民党と公明党の連立政権の継続VS立憲民主党と共産党の連携による政権」の選択選挙であります。私たちは、自民党と公明党の連立でアクセルとブレーキのような、父と母のような、強さと優しさを兼ね備えたような、すべての人に寄り添う心を肝に銘じ、継続的安定的発展的な政治を創ってまいります。
 
これからも、皆様のお役に立てるよう全力で取り組んでまいりますので、どうぞご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
 
・2021/01/15 県政報告書Vol,29 令和3年新春号 (PDF版)を発行しました
・2020/07/13 自由民主号外(自民改革会議からのお知らせ)を掲載しました
・2020/05/22 「静岡県民支え合い基金」について掲載しました
・2019/12/03 県政報告特設ページにて画像を更新しました
・2019/11/25 サイパン視察特設ページにて画像を更新しました