春の兆しがいたるところにみられるようになりました。同時に花粉症でお悩みの方にはつらい時期でもありますね。かくいう私も花粉症に悪戦苦闘する一人であります。

県議会2月定例会も終わり、4月の実施される統一地方選挙に向かってそれぞれの候補予定者が、後援会活動に邁進していきます。
浜松市では、県議選の他、市議選、市長選、行政区再編の是非を問う住民投票と4つの投票が4月7日に実施されます。
浜松市の未来を問う大変重要な局面です。どうか皆さん投票所に足をお運びいただき、意思表示をしていただきたいと思います。
二元代表制の一翼を担う議会は、過半数を持つ会派が存在することで行政当局の監視機能の強化が図られます。また、推進すべきものはより推進し、抑制すべきものはしっかり歯止めをかけるというメリハリもつけやすくなります。
極めて責任が重い行政監視の機能は、市民県民の皆さんの思いを形にする意味でも大切です。
政治は誰がやっても同じ、とか、政治は変わらない、とかではなく実は色々変わったり、よくなったりおかしくなったりしていることがいっぱいあります。
私も政治の信頼と期待を回復すべく全力で取り組んでまいります。
 
2019/03/09
親守詩
2019/01/21
大寒みそぎ
2019/01/11
だるま市
2019/01/07
年末年始