令和2年5月20日、今年度の静岡県議会における正副議長、所属委員会、監査等人事を決定する臨時議会が開催されました。例年ですと臨時議会はこの人事案件だけになりますが、本年はコロナウイルス感染拡大に対する補正予算や議員提案条例による「新型コロナウイルスに打ち勝つ静岡県民支え合い基金」の創設議案などを審議し、まさに危機に対する緊張感をもって取り組む議会でありました。
緊急事態宣言が解除された静岡県ではありますが、首都圏を中心にまだ予断を許さない状況が続いています。危機意識として第2波に備える体制を保ちつつ、経済活動や日常活動を取り戻すための対策も講じなければなりません。様々な業界やお立場の方々から悲痛な叫びが届いています。生活に支障をきたしている皆様への不安を払しょくするためにも全力で取り組んでまいります。

本年度、自民党静岡県連幹事長並びに県議会会派自民改革会議代表を拝命しました。平成29年度にも幹事長と代表を務めさせていただきましたので、2回目の就任となります。その時以上に難局に直面した今、経験を活かし県民の皆様のお役に立てるよう粉骨砕取り組んでまいります。
また、38名の自民党県議会派同志は自民党こそが世の中の役に立つ、地域とともに歩む政策集団という自覚のもと一丸となって難局に立ち向かってまいります。
どうぞ皆様のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
 
・2020/05/22 「静岡県民支え合い基金」について掲載しました
・2019/12/03 県政報告特設ページにて画像を更新しました
・2019/11/25 サイパン視察特設ページにて画像を更新しました