いつもの年より早く梅雨が明け、夏本番の暑さが身に染みる今日この頃となりました。皆様、ご自愛ください。

西日本では、豪雨災害により多くの方々が被害にあい深刻な事態を向かえてしまいました。犠牲にあわれた方々へ心より哀悼の意を表すとともに、被害にあわれた方々へ一刻も早い復旧を願いお見舞い申し上げます。

毎年のようにどこかで自然災害の猛威に抗うこともできず、被害にあってしまう昨今ですが、少しでも被害を少なくするために、一人ひとりができる備えと意識がとても重要です。
いわゆる自助共助というものですが、例えば備蓄、避難所の確認、近所つきあい、訓練参加等々自分たちでできることは意識するよう心掛けたいものです。

静岡県でも、災害地への人材派遣や関係諸団体による物資支援等の活動が行われています。国でも様々な救済支援策が作られています。こうした対応力は、日本は迅速と言われていますが、それでも最小限の被害にするように日頃の心掛けが何より大切なのは言うまでもありません。今一度、自分たちの身に置き換えて考えを馳せてみましょう。
 
2018/07/31
例大祭
2018/07/23
納涼祭
2018/04/11
視察
2018/03/14
報告会・祝賀会